ブライダルローンもアコムが人気

結婚式は高い!ブライダルローン利用者急増中!

  ブライダルローン申し込み時の必要書類は通常のアコムカードローンと同じように申込書や本人確認書類、収入証明書などがあります。

勤続年数や雇用形態を重視している所も多く勤務証明書が必須というところもあるようです。

アコムなどのブライダルローンは目的別ローンですから結婚式場や新婚旅行で利用する旅行会社、新居を仲介してくれる不動産屋さんの請求書や見積書も必要です。

すでに支払い済みだとローン対象外になることがありますのでご注意ください。

アコムのブライダルローンを利用して支払った結婚式場やなどの領収書や振込控えなどはコピーをとって融資を受けた金融機関に提出することも必要です。

バンクイックのような銀行が提供するブライダルローンは目的別ローンにカテゴリー分けされてることが多くリフォームローンや医療ローンのように使途を限定したサービスになっています。

使い道を結婚に関係する資金と限定することで一般のキャッシングローンよりも低い金利で借りることができるのが大きな特徴です。

一方、アコムなどの消費者金融のキャッシングの場合目的別ローンではないため使い道に制限されないフリーローンになります。

金利はと言うと、消費者金融カードローンの金利相場は3.0%から18.0%なのに対しブライダルローンは5%から7%ですので大分差がありますね。アコムのブライダルローンはなんといっても即日融資が可能なことでしょうか。急ぎの場合はおすすめだといわれています。

又、アコムやみずほ銀行などのブライダルローンは数百万円単位で融資を受けることができるのですがカードローンは初回の借入額は数十万円が相場ですから、大金は借りられません。

アコムやアイフルなどのキャッシングを利用している人はブライダルローンに申し込む前に借入残高の確認をする必要があります。

新規の借入先として消費者金融を考えている人は総量規制がかかってきますので年収の1/2を超える融資を受けることはできませんので事前にきちんと計算をしておきましょう。

銀行であっても無制限に貸してくれるわけではありませんし、1人当たりの貸付総額が決っている場合がありますのでカードローンなどを利用している銀行から追加で借り入れを希望するという場合は注意が必要です。

 

ブライダルローンでもアコムが選ばれているのはなぜ?

  みずほ銀行などのブライダルローンは300万円まで融資を受けることができますが。楽天でもブライダルローンがありますが1人当たりの貸付総額が500万円ですので、すでに楽天スーパーローンで300万円のローンを組んでいる場合200万円までしか貸してもらえません。

みずほ銀行は最大融資額は300万円ですが、みずほ銀行でローンを利用している人は、貸付残高が前年度の税込年収の50%以内に抑えられてしまいます。

ブライダルローンはアコムを利用している人も多いようです。アコムは消費者金融だけど大丈夫なのか・・・

と思う人もいらっしゃるでしょうが、アコムでは最短即日融資が可能です。式場までの支払いが間に合わないという人や新婚旅行の費用が給料日まで間に合わない・・と言う場合にアコムでのブライダルローンを使うというカップルがとても多いようですね。

コツコツためていた貯金では少し足りないけど理想の結婚式や新婚旅行にいきたい、一生に一度のことだから後悔したくないという人にはおすすめのようです。アコムなら無利息期間もありますから、ご祝儀ですぐに返せて手数料無料だったという人もいましたよ!

参考:ブライダルローンはアコムがおすすめ?【無利息で借りる条件?】

そもそもブライダルローンというローンは銀行や信販会社が提供する目的別ローンで、カードローンは消費者金融等が提供しているフリーローンと呼ばれるものです。

貸出金利も大幅に違っていて、アコムやみずほ銀行などのブライダルローンは5%から7%であるのに対してカードローンでは3.0%から18.0%と高い金利に設定されているのです。

申込手続きや審査を比較すると、アコムやみずほ銀行などのブライダルローンは複雑で時間がかかりますがカードローンは比較的簡単な審査と言われており、即日融資も可能というサービスも珍しくありません。

一方で、アコムやみずほ銀行などのブライダルローンは高額融資が可能なのに対しカードローンは実績を積まなければ高額融資が受けられず、初めての利用の場合は数十万円程度しか借りられません。

ブライダルローンというものは、結婚に使途を限定してお金を貸してくれるサービスで通常のカードローンと比べて低い金利でお金を借り入れることができます。

銀行カードローンや消費者金融だと、無利息期間が用意されていたりしますがブライダルローンは目的別ローンなので無利息サービスはありません。

結婚に関する資金を無利息でと考えているのであれば無利息期間が設けられているカードローンでブライダル資金を借り入れることをおすすめします。

人生最大のイベントの結婚式のお金が足りないならブライダルローンもいいですよ。

カードローンであれば、30日程度の無利息期間が用意されていることが多いので結婚式のご祝儀で完済できれば、実質無利息のブライダルローンということができます。

カードローンというと、金利が高いイメージがありますが無利息期間内に完済するのですから、いくら金利が高くても関係ありません。

アコムやみずほ銀行などのブライダルローンは結婚にまつわる費用を融資してくれるサービスのことで銀行やクレジットカードを扱う信販会社などが提供しています。

一般のカードローンよりも金利が低いというメリットがある一方で、一般のカードローンと比較すると手間や時間がかかるってしまうというデメリットもあります。

カードローンというものは借り入れたお金は自由に使う事ができますがバンクイックやアコムでのブライダルローンで借りたお金は結婚のために利用する以外には認められません。

結婚に関わる資金と言っても挙式や披露宴、婚礼衣装、結婚指輪など結婚式に関する費用以外にも新婚旅行や新居への入居費用、家具や家電の購入など色々とお金が必要になります。

まずは結婚資金を貯めてから…と考えている人も多いと思いますが、金利が低いプロミスのブライダルローンを利用すれば、新婚生活が早くスタートできるのでおすすめですよ。

ブライダルローンもカードローンもお金を借りるという意味では同じ商品ですから審査に落ちてしまったらお金は借りられません。

ブライダルローンは低い金利で融資をしてもらえますのでカードローンよりも厳しい審査となります。

ブライダルローンの審査に落ちたという人の特徴は年収が200万円以下、勤続年数が1年未満、非正規雇用などがあげられます。

又、過去に自己破産を経験していたり複数から借り入れがある人は要注意です。

今までクレジットカードを持った事が無い人は滞納歴が無いので信用されていると思われがちですが信用情報自体が記録されていないので落とされる可能性はあります。

アコムやみずほ銀行などのブライダルローンは結婚関連の出費のみ利用可能という制限がありますが結婚式や披露宴以外にも新婚旅行や新居の購入や賃貸費用にも用途が認められています。

新居を購入することになれば、ほとんどの人が住宅ローンを組むと思いますがその際に頭金があれば審査に通りやすくなるなどのメリットがあります。

住宅ローンの頭金は多ければ多いほど良いと言われていて物件価格の2割から3割程度用意しておくのが良いと言われています。

その計算上では2000万円の物件を購入する場合、頭金は400万円から600万円必要となる計算になりますのでぱっと用意できる金額ではありませんね。

バンクイックやアコムでのブライダルローンで借りたお金を、新婚生活のための住宅ローンの頭金を回せば低金利でローンを組むことができるのです。

ブライダルローンは一般的なカードローンと比較して低金利なことがウリの1つですがキャッシングローンですから、返済期間が長いほど利息は多くなってしまいます。

月々の返済はまず1回の返済額を決めてから、その範囲内で利息が優先して返済されることになります。

そして範囲内に残った金額が元本に充てられます。

従って、返済期間が長いほど利息が多くなりますから、なるべく返済期間を短くして早めに完済してしまった方が支払総額を抑えることができるのです。

借入総額が御祝儀で賄えるようであれば少し無理をしてでも一括返済してしまった方が無駄に利息を支払わずに済みます。

ご祝儀で返済しきれない場合は返済シミュレーションをしっかりし、着実に返済していきましょう。

ブライダルローンは各金融機関にて提供されていますがどこを注意して決めればいいのでしょうか?アコムやみずほ銀行などのブライダルローンは使途が限られているローンなのですが融資を受けたお金の使い道というのは、金融機関によって異なる場合があるので注意が必要です。

楽天銀行の場合は新婚旅行費用だけの借入れはできませんしジャックスだと、使途に挙式と披露宴が含まれていれば、それ以外の費用も認めてくれるというものです。

ですから、ブライダルローンの選び方で重要視しなければいけないことはブライダルローンの使途の範囲がどこまで認められているかをということです。たとえばアコムのブライダルローンならフリーですから、ドレス代でもエステ代でも新婚旅行にもアコムのローンは使う事ができますよ。

金利が低く融資の限度額が大きければ大きいに超したことはありませんが毎月の返済額や最長返済期間なども考慮して無理のないプランが組めるローンを選びましょう。

結婚資金と言うと挙式や披露宴、衣装代、結婚指輪など100万から500万程度のお金が必要になります。

それ以外にも新婚旅行や新居の入居費用、家具や家電製品などそれぞれに数十万円ものお金が必要になります。

アコムやみずほ銀行などのブライダルローンはそういった資金を低い金利で貸してくれるわけですから通常のカードローンよりも審査のハードルは高くなっています。

審査のポイントは借主に返済能力があるかを確かめる信頼度のチェックなので本人確認書類の他に源泉徴収票や収入証明書類なども必要になります。

また、バンクイックやアコムでのブライダルローンでは保証人は必須ではないのですが審査の結果によっては保証人を立てることを条件とされる場合もあります。

アコムのブライダルローンならアルバイトやパートでも審査申込できます。OLさんや正社員じゃないという方もあきらめなくていいですね。。

クレジットカード会社のオリコが提供するブライダルローンはブライダルプランという商品名で融資額は10万円から300万円で、貸付利率は6.0%から13.2%となっています。

申込の条件には満20歳以上で安定した収入がある人ということで収入や勤続年数などの条件は特にないようです。

返済期間は6か月から最長84か月(7年)ですが借入金額が50万円以下だと、返済期間は最長48か月となります。

申込時にロ本人確認書類、資金の使途を証明する書類の写しが必要になり、又、オリコからの借入れ合計額と他の貸金業者からの借入れ合計額が100万円を超える場合も前年度の源泉徴収票や直近3カ月以内(連続する2か月分)の支払調書などの所得証明書類の提出が必要になります。

楽天銀行にはブライダルローンがあり楽天会員や口座がある人であれば簡単にオンラインで手続きができます。

金利は固定金利で年7.0%、最大借り入れ額は300万円となっており月々の返済額は1万円からなので、無理のない返済が可能です。

楽天銀行から融資を受ける際に気を付けることは楽天銀行の融資額は1人あたり最大で500万円までと上限が決まっていることです。

バンクイックやアコムでのブライダルローンでは200万円までしか融資を受けられません。

申込には本人確認書類、収入証明書、資金使途確認書類などが必要になり融資を受けた後には領収書や振込控の写しなどを1か月以内に提出しなければいけません。

銀行のブライダルローンは楽天銀行や千葉銀行のように専門のローンもありますが多くの銀行では目的別ローンなどで対応していることが一般的です。

一方でクレジットカード会社が提供するブライダルローンもありますが式場と提携している場合が多く、指定の式場で挙式をあげることが融資条件となっていることが多いです。

銀行のブライダルローンの金利の相場は5%から7%ですが式場提携タイプのアコムやみずほ銀行などのブライダルローンは6.0%から15.9%と高めに設定されています。

金利を考えると銀行のブライダルローンのほうがメリットが大きいのですがクレジット会社でも銀行なみに低金利なものもあります。その中でもおすすめなのが、ジャックスの「プレシャンテ」です。

金利は6.5%と楽天銀行よりも低金利な上に限度額は500万円で、クレジット対応なので口コミ評価はかなり良いようです。

アコムやみずほ銀行にはブライダルローンという商品はありませんが多目的ローンを含めたローンの借入残高が前年度税込年収の50%以内でなければ融資を受けることができません。

固定金利は年6.700%と低い金利なのが特徴的ですが更に低金利な変動金利にすることも可能です。

また、みずほ銀行で証書貸付ローンを利用中、あるいは利用していた人は申込ができる人は満20歳以上満66歳未満の人勤続年数は2年以上必要で、前年度の税込年収が200万円以上が対象となっています。アコムのブライダルローンでも審査申込の条件があるのでしっかり確認してから申し込みをするようにしてくださいね。

 

Copyright (C) アコムの店舗一覧ご案内 All Rights Reserved